Posted 1 month ago
Posted 1 month ago
58 :水先案名無い人:2010/04/01(木) 22:51:59 ID:CogNeJlS0
うちのじいちゃんはソリティア用のPCでネットできるように
しといてほしい、という意味で、風呂の中からよく
「世界とつなげといてー」って叫ぶ
Posted 2 months ago
Posted 2 months ago
Posted 2 months ago
10迷惑をかけて、そのことに関してコンプレックスを持つことによって、おそらく迷惑度が15とか20に増えてしまっている。しかも、迷惑度が15とか20に増えることによって誰一人得をしていない。  本人すらもコンプレックスを持つことで損をしている。  じゃあ、それを本来の10の位置に戻しましょう。それでかまわないじゃないですか?
Posted 2 months ago

私にはニューギニアで事業を営んでいる
友人がいるんです。
あるとき、その友人の会社の社員が
10歳の男の子を車でひいてしまった。
物陰からその子が飛び出してきて、
ブレーキは引いたんだけれども、
気づいたときには遅くって
結局、男の子は亡くなってしまった。

アメリカであれば、すぐその友人は
まず事業主として弁護士を雇い、
「どうやって社員を弁護するか」
という考えに集中していたでしょう。
亡くなった子供の遺族との関係づくりなど、
微塵も考えないと思います。
ところが、この事故が起きたのはニューギニアです。
全く対応が違いました。

まず事故の翌日に、
亡くなった子供のお父さんが
友人の会社を訪ねてきたのだそうです。
そのとき友人は
「殺される!」と思ったそうなんですが、
そのお父さんがやってきた理由は、
こういうことでした。
「おたくの社員が事故を起こし、
 うちの子供が亡くなりました。
 わざとやったことでないのは、わかります。
 けれど現在、私たち家族は
 非常につらい気持ちの中で暮らしています。
 ですから4日後に子供のことを偲んで
 昼食会を開こうと思っています。
 そこへ、来ていただけないでしょうか。
 また、その昼食会の食べ物を
 出していただけないでしょうか」
そういう話だったんです。

それからは、あいだに経験豊かな人が入って、
どんな食べ物を持っていくべきかといった話がなされ、
なんと事故が起こってわずか5日後に、
その社長である私の友人や、幹部の社員、
それから亡くなったお子さんのご両親や親戚が
同じ食卓を囲んで、お昼を共にしたそうなんです。
これはアメリカだと考えられない話です。

昼食会では、ひとりずつが弔辞のように
その子のことを想ってスピーチをしました。
たとえばその子のお父さんが
亡くなった子の写真を持って
「死んでしまって、本当につらい。
 さびしい。また会いたい」
といった話をしたりとか。
その場にいる人たちが
亡くなった子供のことを想って
みんな、泣いているわけです。

そして、私の友人にも
スピーチの番がまわってきたそうです。
彼はもう、あとで振り返っても
あんな辛いスピーチをしたことはなかったと
言っていましたけれど、
絞り出すように
「‥‥自分にも子供がいます」
と、はじめたのだそうです。
そして、
「だから、突然に子供を失う気持ちというのは
 ほんの多少ですけれども、
 私にも察することができます。
 今日はこうして食べ物を持ってきましたが、
 こんなものはお子さんの命に比べたら、
 ほとんど価値のないものだと思います」
と、そんなスピーチをしたそうなんです。

言ってみればこれは、
感情の処理をとても重視した
「対立」の解消方法であるわけです。
その場でお互いに泣くことによって、
互いの痛みが共有できますし、
亡くなった子供の家族や親戚たちからしても、
社長である私の友人が
「ことが無事済んでよかった」みたいに軽々しく
思っているわけではないとわかります。
また、その社長や、事故を起こした社員自身も
「ひどいことをした」という心の傷を
過度に背負うことなく暮らしていけます。

Posted 2 months ago
Posted 2 months ago
militant-tendency:

Koyaanisqatsi.

militant-tendency:

Koyaanisqatsi.

(Source: synthwizard)

Posted 2 months ago
Posted 2 months ago
翌朝起きて、腹が減ってない。これが中年のスタートですよ。
Posted 2 months ago

my-life-in-the-bush-of-ghosts:

Festival Hall, Expo ‘70, Osaka.

(Source: form1a)

Posted 2 months ago
Posted 2 months ago

exercicedestyle:

amber valletta - vogue us - by steven meisel

Posted 2 months ago

qbly:

Perfume FES!! 2014

Posted 2 months ago